THINK2016.6.7

食材だけじゃない、おいしさを際立たせる料理写真のひと工夫シズル感たっぷりの写真で検証!消費者の心を掴む、おいしいビジュアルの秘密とは

大手 仁志

株式会社ヒュー
代表取締役 シズルディレクター/フォトグラファー

ポスターやCMでおいしそうな料理の写真を見た瞬間に、思わず「食べたい!」と思ったこと、ありませんか? 1枚のビジュアルなのに、そこからおいしそうな音が聴こえてきたり、香りや味まで思い浮かんできたりするから不思議です。この魔法の正体こそ、実は「シズル」なんです。何も説明しなくても、シズルがすぐさま見る人の五感を刺激し呼び覚ましているんですね。私は日々、料理写真を専門に撮影を行ってシズルと向き合っているのですが、今回はシズルとはどんなものなのかについてを解き明かしていきたいと思います。

 


写真に潜むシズル・ポイントを探してみましょう!

「シズル(sizzle)」という言葉は、揚げ物や肉が焼ける際の“ジュー”という音から派生した英語の擬音語と言われています。でも、言葉の意味だけではどんなものなのか、ちょっとわかりにくいですよね。「この写真、シズル感があるねぇ」なんて言う時のシズルって、一体何なんでしょう?
 
広告をメインに日々おいしさの表現を追求している私たちが、シズルをどう捉えているかというと、

「シズル=そそる・そそられる」

なぜかおいしそうに感じたりしてそそられるポイントが、シズルなのではないかと思うわけです。そこで今回は、シズル感たっぷりの2枚の写真を見ながら、シズルのポイントを具体的にチェックしてみたいと思います。


いちばんのポイントはお肉と思いがちですが、実は……

網の上で焼かれている1枚のお肉を写したなにげない写真ですが、相当そそられますよね。この写真、もちろんお肉そのものの状態も大事なのですが、撮影する際にいちばん気をつかったのは、実は網の状態なんです。それなりに使い込まれ、いい感じの焦げ具合になっていて、お肉の脂で少しギラッとしている網……。もし、これが新品のシルバーの網だったり逆に汚れすぎている網だったりすると、まったくそそられないのです。
 
お肉をつかんだ箸先の、しっかり脂でてからせているところもシズル・ポイントです。おいしいお肉を口に運ぶことが容易に想像できます。網の奥のほうで立ちのぼる炎と煙も見逃せないポイントですね。一般的なロースターを使うと炎は出ないので、この撮影ではあえて七輪の炭火で行っています。もちろん普通に食べる時はロースターでも七輪でもおいしいのですが、写真で見る際には炎や煙があると熱を感じますし、七輪&炭火のほうがグッとそそられるビジュアルに仕上がります。


まな板のオーディションを行うほど“シズル”にこだわって

もう1枚は、できたての卵焼きをまな板の上でカットした写真です。卵焼きの中がまだウェットでとろっとした半熟状態。完全に混ざりきっていない白身と黄身の手作り感。それに、まだ湯気が立っているできたてのライブ感など、よく見るとシズル・ポイントがいろいろあります。
 
でも、撮影時にいちばんこだわったのは、卵焼きそのものではなく、まな板のキズなんです。先ほどの焼肉の写真の網と同様に新品のまな板を使ったら、まったくシズらない(=シズル感のない)写真になってしまいます。

あえて少し使い込んだまな板で撮影するために、実は事前に“まな板オーディション”まで行いました。撮影スタッフがふだん自宅で使っているまな板を、みんなで持ち寄って……。まな板に残っているほどよい包丁の跡が効いてくるんですね。リアルに汚れているのではダメで、その微妙な加減にとことんマニアックなくらいこだわることで、そそられる表現が生まれます。
 

 

それぞれの写真のポイントを見ていくことで、少し具体的にシズルの正体を感じていただけたのではないでしょうか。私たちは、料理の写真におけるシズルは、

「 おいしさを伝えるためのスパイス 」

と考えています。網の焦げやまな板のキズなど、ちょっとした要素があることによって、シズル感が出ておいしさを伝えることができます。もし、どこかでそそられるビジュアルを見かけたら、今度はじっくりシズル・ポイントを探してみてください。

ーーー
<ヒューからのご案内>
ヒューでは食にまつわるワークショップを定期的に開催しています。
企業の方はもちろん、一般の方もご参加いただけます。下記からお気軽にご応募ください!

ーーー

プロフィール

大手 仁志

株式会社ヒュー
代表取締役 シズルディレクター/フォトグラファー

1985年株式会社アーバンパブリシティ(現・株式会社アマナ)に入社。その後30年間にわたり「食」に関する広告写真の撮影、ビジュアル制作に携わる。食材や料理がもつ生命力を切り取り表現することが食のフォトグラファーの使命と考え、数多くの広告賞を受賞。
■おいしい写真を制作する「hue」:http://hue-hue.com/
■おいしいビジュアルを追及する「SIZZLE BLOG」:http://hue-hue.com/media/

問い合わせをする

Page Top