STUDY2016.9.9

見たら転職を考えてしまうほど気になる!採用サイトの写真選び「人」と「空間」をどう魅せる?求める温度にあわせた写真のポイント

川上 栄一

株式会社アマナ
プロデュースディビジョン マネージャー

会社を見る基準として、やりたいことはもちろんですが、その決め手を後押しするのは、採用サイトに出てくる人だったり、オフィスといった働く環境だったりしますよね? 求職者の心をつかむポイントを押さえたビジュアルってどんなものでしょう? 「人」と「空間」から考えてみたいと思います。

 

1.会社の温度を届ける「人」

初対面の人でも、第一印象で「いい人そうだなあー」と感じるように、採用サイトで初めて見る人の写真からも、人柄や温度感は伝わるものです。ただ、初めて仕事を探す新卒者と、さらなるキャリアアップを目指す社会人では、採用サイトを見る視点も写真から感じ取る温度感も違います。それぞれに合った写真の見せ方を工夫しましょう。

(1)期待感がポイント「新卒採用」

新卒者や若年層が採用ターゲットの場合は、やはり同年代のスタッフの明るい雰囲気の写真がおすすめです。例えば、若手スタッフがジェスチャーをまじえてプレゼンしている様子など、アクティブなイメージのビジュアルなら、同年代の採用ターゲットを勇気づけ、期待感をアップさせることができるでしょう。
 
下の写真はあとらす二十一の新卒採用サイトです。先輩と一緒にイキイキと働く若手スタッフがアクティブなイメージで紹介されていますね。ビジュアルの雰囲気に合わせて、Webデザインもイラストを用いたポップな雰囲気に統一されているのもポイントです。社員が撮影したような生っぽい写真も、全体を手作り感のあるデザインにすることで、テイストの1つとして活かされていますよね。

 

あとらす二十一:2017年度新卒採用ページ
 

(2)安心感がポイント「中途採用」

一方、中途採用の場合は、落ち着いたベテランの写真を選ぶのも1つの方法です。社会人として一定の経験のある中途採用のターゲットは、やはり転職に対しても慎重になります。配属予定部署のマネージャーや中途入社のベテランスタッフの写真は、たとえ派手さがなくても安心感を与えるうえで効果的ですし、環境を変えてステップアップを目指す求職者への心強いメッセージになるはずです。
 
サイバーエージェントのキャリア採用ページでは、シンプルなレイアウトと安心感のあるオーソドックスなインタビューカットを使って、中途入社の社員の方の仕事に対する想いを紹介しています。腕組みや考えているようなポーズもキャリア感の演出につながっていますよね。

 

サイバーエージェント:リクルートページ「社員インタビュー」より


2.働く環境を伝える「空間」

オフィスなどの設備には、会社としての想いがこもっている場合が多いものです。コミュニケーションスペースが充実していたり、カフェスペース、デスク周りのデザインなども含めて、求職者は会社の「空間」を知ることで、その会社の働く環境への取り組み方を感じとることができます。

(1)オフィス情報としてのビジュアル

下はGREEの採用ページです。環境をそのまま見せることで、働く環境をそのままイメージすることができます。オフィスや設備を紹介する時は人を入れるのも1つ方法ですが、場合によってはこのように空間だけを見せることでより詳しく設備や環境を紹介することができます。


(2)雰囲気を伝える空間のビジュアル

求職者が採用サイトに求めるのは、仕事に関わる具体的な情報です。本社オフィスの外観や、かしこまった集合写真よりは、ミーティングの様子や仕事風景など、実際の職場の様子が伝わるビジュアルを多めに使うのが効果的です。
 
職場風景の写真のポイントは、できるだけ人を絡ませること。ただし、大きく顔を出してしまうとその後万が一退職した場合などにトラブルにつながる可能性もあり、差し替える手間もかかるので、下の読売新聞社の採用ページのようにやや引いた構図にしたり、あえてブレた写真を使ったりするのも1つの方法です。
 
また、抽象的なイメージカットは避けた方がいいのですが、実際に職場にあるモノをイメージカットとして挿入することで、洗練されたイメージとあわせて具体的な情報を届けることもできます。下の事例も一見イメージカットのようにも見えますが、新聞やカフェテリアなど実際にあるものが被写体なので、職場の雰囲気が伝わってきますよね。

読売新聞社:リクルートサイト「読売の現場 本社LIFE」より
 

 

最近ではスマートフォンで採用サイトをチェックする人も増えているので、小さいディスプレイでも分かりやすくなるよう、被写体や画像サイズを工夫するのもポイントです。
 
言うまでもなく、採用サイトは企業とその未来を担う人材をつなぐ大切なツール。求職していない人が見てもその会社の魅力や勢いいが伝わるものにできれば、採用効果もぐっと高まります。今回ご紹介した内容をあなたの会社の採用サイト制作にも役立ててみてください。

プロフィール

川上 栄一

株式会社アマナ
プロデュースディビジョン マネージャー

主に企業の情報発信やコンテンツマーケティングにおけるビジュアルコンサルティングを手掛ける。
仕組を活用したビジュアルソリューションサービスの運用と新しいサービスの開拓を担当しており、500名以上の登録カメラマンやライターを全国各地に派遣する企業向け撮影サービス「INFOTO NETWORK」を展開中。最近では日本に限らず世界へもネットワークを拡大している。

問い合わせをする

Page Top